剛毛シャンプー 市販

剛毛を改善してくれるシャンプーをお探しですか?

硬くて太い剛毛を改善してくれるシャンプーを探してるけど、市販品は種類が多くて、どれを選んだらいいのか迷っていませんか?

 

また、あなたは、このようなことで悩んでいませんか?

  • 剛毛のためゴワゴワして、髪型がまとまらない。
  • 剛毛なので、パサついた感じに見えてしまう。

 

実は、「硬くて太い剛毛」を「しなやかな柔らかい髪」に改善してくれるシャンプーがあります。そして、数ある市販のシャンプーの中から剛毛を改善してくれるシャンプー選びには2つのポイントがあります。

 

 

ゴワゴワの剛毛は油分が足りない!

まず、「オイル成分を含んでいるか?」ということです。

 

普通毛のキューティクルが3〜4層なのに対して、剛毛の髪のキューティクルは10層にもなっていることがあります。これが剛毛の原因にもなっています。

 

キューティクルの枚数は生まれつき決まっており、残念ながら変えることは難しいです。しかし、オイル成分がキューティクルの間に浸透することで、しなやかな柔らかい髪質に変えていきます。

 

硬くて太い剛毛をしなやかな柔らかい髪にするには「オイル成分」を含んでいるシャンプーを選びましょう。

パサつく髪は水分が足りない!

次に、「保水力の高い成分が配合されているか?」ということです。

 

太くて硬い剛毛はドライヤーをしても乾きずらいからと、シャンプーした後は自然乾燥にしていませんか?

 

髪は濡れた状態では、キューティクルが開いています。キューティクルが開いたまま、ゆっくりと髪が乾いていくので、パサついたダメージ毛になってしまいます。

 

あるいは、なかなか乾かないのでドライヤーの熱を当てすぎて乾燥させすぎているのかもしれません。

 

ドライヤーの熱を当てすぎると髪内部の水分が不足して、油分と水分のバランスが崩れ、ゴワゴワでパサパサになってしまいます。

 

ゴワゴワ、パサパサの髪を「しっとり」した髪質に変えていくには「保水力の高い成分」を含んだシャンプーを選びましょう。

 

そこで髪の専門家(理容師)として講師も務める管理人が、剛毛で悩んでいるアナタに、数あるシャンプーの中から剛毛を改善できるシャンプーをおすすめ順に紹介します。

 

厳選して「オイル成分」と「保水力の高い成分」を含んだ3種類のシャンプーを紹介しますが、どれにしようか迷ったら1番目に紹介したシャンプーを試してくださいね。

剛毛を改善できるシャンプー

守り髪 迷ったらコレ!

 

剛毛の髪になってしまう原因の一つに、普通の髪よりもキューティクが多いことがあります。硬い鱗(うろこ)で覆われていると想像するとイメージがしやすいかもしれません。

 

このような剛毛の髪には、油分を浸透させて潤滑油の働きをさせることが改善のポイントです。

 

この「守り髪」は、潤い成分である天然オイル成分のアルガンオイルが配合されており、髪の内部にしっかりと浸透して、ゴワゴワした剛毛をしなやかな髪へと導きます。

 

ただ一つだけ注意点があります。

シャンプーをする前に、しっかりと髪を濡らしてくださいね。実は、キューティクルは髪が濡れた状態の時に開く習性があります。

 

「守り髪」でシャンプーする前に、髪をしっかりと濡らすことでアルガンオイルが髪の内部に浸透して、柔らかい髪へと導いてくれます。

 

また、髪がパサつく原因となるのが「キューティクルの傷み」です。キューティクルが傷むと、髪が乾燥しやすくなりパサついてしまいます。「守り髪」のアミノ酸系保湿成分が髪の内部に水分を閉じ込めてくれることでパサつきを抑えてくれます。

 

また吸着型ヒアルロン酸が傷んだキューティクルを補修してくれるので、パサつきのない髪へと改善してくれます。

 

<髪の専門家:管理人のおすすめポイント>

  • アルガンオイルが髪の内部に浸透して髪の硬さを和らげてくれる
  • アミノ酸系保湿成分が乾燥してパサついた髪を改善してくれる
  • 吸着型ヒアルロン酸が、傷んだキューティクルを補修してくれる。

「30日間の全額返金保証」がついているので気軽に試すことができます。また「定期購入にも回数の縛りがない」ので、気に入らなければすぐに解約することができます。これは安心ですし、信頼感が高まります。

 

気に入って継続する場合にも「お届け感覚を変更できる」ので、あなたのペースで使うことができるのも嬉しいですね。

 

剛毛を柔らかく、しなやかな髪に改善したいあなたに、ぜひ試して頂きたいシャンプーが「守り髪」です。気軽に試せる条件が揃っているのは公式サイトだけの特典ですので注意して下さいね。

 

 

ハーブガーデン

 

ハーブガーデンには「モンゴルオイル」と「バオバオ種子油」という2種類のオイル成分が配合されています。バオバオ種子油は保湿力も高く、「水分」と「油分」のバランスを整えてくれます。

 

また、3種類の保湿成分「ユズセラミド」「ヒアルロン酸」「ラフィノース」が含まれており高い保湿作用があります。

 

  • ユズセラミドは、美容液にも使われるほど高い保湿作用があり、それが長時間継続するため、髪の毛のダメージを補修してくれます。
  •  

  • ヒアルロン酸は、「1グラムで6リットルの水分を保持する」と言われるほど高い保湿効果があります。乾燥した髪の毛には最適です。
  •  

  • ラフィノースは、天然オリゴ糖で美容液にも使われているほど保湿効果が高く「一度つかんだ水分は離さないと言われています。これら3種類もの保湿成分が、パサつき潤いを失った髪を内部から保湿します。

 

それに加えて「フルボ酸」という成分も含まれているのですが、天然成分のフルボ酸には、20種類のアミノ酸と18種類のミネラルに、酵素やビタミンが豊富に含まれています。

 

フルボ酸の最大の特徴は「キレート作用」です。キレート作用というのは、フルボ酸がミネラルやアミノ酸などを結合したり、離したりする作用です。

 

キレート作用によって、20種類のアミノ酸や18種類のミネラルなどを髪のすみずみまで行きわたらせることができ、硬く太い剛毛を柔らかくしなやかな髪にしてくれます。

 

ハーブガーデンの凄いのは、使った瞬間から「他のシャンプーとの違いが分かる」ことです。長年の悩みから解放されるのも、すぐですね。

 

<髪の専門家:管理人のおすすめポイント>

  • 浸透力の高い「モンゴルオイル」と「バオバオ種子油」という2種類のオイル成分を配合
  • ユズセラミ・ヒアルロン酸・ラフィノースの3種類の保湿成分が含まれている
  • フルボ酸のキレート作用で、豊富な成分を髪のすみずみまで届ける

公式サイトでは30日返金保証付きの半額モニターを行っています。もしあなたに合わなくても安心して試すことができます。

 

また定期購入にすると「2回目以降も半額」なのでお得ですし、「いつでも休止・解約ができる」ので安心ですね。

 

シャンプーの30%を占めると言われる「精製水」をハーブウォーターに置き換えることで、頭皮ケアの役目も果たしますし、敏感肌やアトピー肌のあなたも安心して試すことができます。

 

これらの特典は公式サイトだけですので注意してくださいね。

アスタリフト 美髪トライアルキッ

アフタリフトをおすすめする最大の理由が「セラミドをナノ化」したものを配合していることです。

 

セラミドは細胞間脂質で、キューティクの間に張り巡らされていて、キューティクを繋ぎとめておく役割と髪の潤滑油の働きをしています。

 

剛毛の髪は、キューティクルの枚数が多く硬いのが特徴ですが、セラミドをナノ化することでキューティクルの間に入り込み、髪の油分が補充されて、しなやかで柔らかな髪に仕上げてくれます。

 

セラミドに保湿作用もあるので、パサついた髪に潤いも与えてくれます。

 

あなたの剛毛に足らない「油分」と「水分」を補強してくれるのがアフタリフトのナノ化されたセラミドです。

 

他にも、保湿成分のグリチルレチン酸も富士フィルムのナノシェル技術によりナノ化されており、頭皮の水分や油分を補っています。

 

富士フィルムのナノ化技術がふんだに使われているシャンプーです。どんなに優れた成分でも「浸透しなければ、それほども効果を得ることはできません」からね。

 

また、アフタリフトはアミノ酸シャンプーのデメリットと言える「泡立ちの悪さ」も克服しています。シャンプーをしていて泡立ちが悪いと、ついつい使う量が増えてしまいますよね?

 

アフタリフトでは、そのようなことはありませんので、コストパフォーマンスもいいんですよね。

 

<髪の専門家:管理人のおすすめポイント>

  • ナノ化したセラミドが髪の内部まで浸透してしなやかな髪にしてくれる。
  • アスタキサンチンがキューティクルを整えてパサつきを抑えてくれる
  • アミノ酸シャンプーなのに泡立ちがよく、髪も頭皮も優しく洗ってくれる

 

トライアルキットに、頭皮環境を整えてくれるスカルプエッセンスもセットになっているのはポイントが高いです。また美容成分(特にセラミド)をナノ化しているので、浸透力が高く剛毛のあなたの髪をしなやかにしてくれますね。

 

トライアルキットなので返金保証はありませんが、お手頃の価格で試すことができます。アフタリフトは、美容成分をナノ化しており、じっくりと違いを感じることができます。使い始めて3〜4日で違いを感じる人が多いようですね。

 

髪の長さにもよりますが、7〜10日ほども使用量が入っているので、他のシャンプーとの違いを感じるには十分です。料金も安いので、まずはトライアルセットから試してみましょう。

 

 

剛毛と柔毛の見分け方

剛毛の特徴

1本1本が太くて硬い髪を剛毛をいいます。指に髪を絡みつけると元に戻ろうとする力が強く、反発力が強いのが特徴です。

 

キューティクルの枚数が多く、普通の髪では3層が一般的ですが、剛毛では10層の人もいるほどです。パーマがかかりにくく、カラーが染まりづらいのも特徴です。

 

しかし、一旦パーマをかければ、長持ちするのも特徴です。

 

 

軟毛の特徴

軟毛は、細くて軟らかいのが特徴です。剛毛とは逆にキューティクルが少ないので、枝毛になりやすいのも特徴です。

 

パーマは、かかりやすいのですがキレイなカールになり難くいのが特徴です。パサパサのダメージ毛になりやすいのでパーマはオススメできません。また、取れやすいのも特徴です。ヘアカラーも染まりやすく取れやすいのが特徴です。

 

髪の芯に当たる部分のメデュラがない人もいます。メデュラのない髪はコシがなくペチャンコになりボリュームがでません。しかし、軟毛だからといって本数が少ないわけではありません。

 

 

剛毛と柔毛の見分け方

最も簡単な見分け方は、髪の毛を1本抜いて下さい。

 

次に、抜いた髪を右手と左手だ左右に横一直線に引っ張って下さい。その時に、髪が切れたら「剛毛」です。髪が伸びたら「軟毛」と判断することができます。

 

もう一つの見分け方は、

 

抜いた髪を5cm程度にカットしてください。そして、片手で髪の先を持ち、横にします。

 

その時に、髪が垂れたら「軟毛」です。垂れずに、横になっている状態であれば「剛毛」と判断することができます。

 

(*但し、この方法では、パーマやカラーで傷んだ髪では正確に見分けることはできません。健康毛で試みることが条件ですので注意が必要です。)

 

 

 

剛毛〜髪が太くて硬い<4つの原因>

@遺伝〜キューティクルの枚数が違う

硬くて太い剛毛になる原因がキューティクルの枚数です。キューティクルとは魚のウロコのように髪の毛の表面を覆っている部分です。

 

キューティクルは、ケラチンというタンパク質から出来ており、とても硬くて強度が強い物質で髪を守っています。強度が強いので、枚数が多いと剛毛になってしまうんですね。

 

このキューティクルの枚数は人によって違うのですが、遺伝によってキューティクルの枚数が変わります。

 

【ワンポイント】
髪の毛は、内側から「メデュラ」「コルテックス」「キューティクル」の3層になっています。

 

鉛筆に例えると分かりやすいと思います。

  • メデュラ・・・鉛筆の芯
  • コルテックス・・・木の部分
  • キューティクル・・・塗装部分

キューティクルは、「コルテックス」と「メデュラ」を守る役割りをしています。キューティクルは普通3層ぐらいなのですが、剛毛の髪の毛になると10層も重なっている人もいるほどです。

 

 

A乾燥やパサつき〜毛髪の乾燥

髪の乾燥やパサつきが原因で剛毛に感じる人もいます。実は髪の乾燥やパサつきは髪がダメージを持っているために起こります。

 

髪が乾燥しパサつくと、髪が収まらずに、広がってしまうために剛毛と感じるようですが、剛毛ではなくダメージ毛なんですね。

 

そして、ダメージ毛は紫外線やパーマ、カラーなどが原因で、キューティクルが開いてしまい、髪の内部の潤滑油の働きをしているCMCという物質が流出することでダメージ毛となってしまいます。

 

 

B髪の糖化

「糖化」というのは、「タンパク質」が「糖質」の影響を受けて、タンパク質が劣化してしまうことです。劣化したタンパク質は硬化するので剛毛に感じてしまいます。

 

劣化したタンパク質のことを「AGE]と言い、AGEが身体に溜まっていくことで、身体の糖化が進行します。

 

この、身体の内部で行っている「糖化」が髪の毛にも起こります。

 

髪の毛はケラチンというタンパク質で出来ています。そして、食事や生活習慣などで身体の内部で増えた「糖」は毛細血管を通って髪の毛の内部に侵入し、髪の糖化につながってしまいます。

 

一部には、紫外線などの影響を受けて、髪の毛が焦げ付いてしまうことを「糖化」をいう説もあるようですが、あくまで「説」ですね・・・。

 

 

Cシャンプーの洗浄力が強すぎる

石油系の洗浄成分を使用したシャンプーを毎日使い続けていると、髪の毛はダメージを負ってしまいます。

 

常にキューティクルが開いた状態になってしまい、髪の潤滑油であるCMCの量が減ってしまいます。

 

すると髪の水分量と油分量のバランスが崩れてしまい、ゴワゴワの髪になってしまいます。
りゅう
こちらは毎日使うシャンプーを代えることで、改善することができます。

 

<石油系シャンプーの見分け方>
成分表示に「ラウリル硫酸ナトリウム・ラウリル硫酸カリウム・ラウリル硫酸アンモニウム・ラウリルスルホン酸ナトリウム・ラウレス硫酸ナトリウム・ラウリル硫酸TEA・パレスー3硫酸アンモニウム・ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩」と表示されていると界面活性剤に石油を原料とした成分を配合しています。
「ラウリル硫酸〜」「ラウレス硫酸〜」と表示があれば石油系シャンプーだと考えましょうね。

 

剛毛におすすめシャンプーの特徴

洗浄成分が穏やか〜洗浄成分がアミノ酸洗浄成分

石油系の洗浄成分が使用されていると皮脂をごっそりと除去して頭皮を乾燥させる原因となりますが、洗浄成分にアミノ酸系成分を使用しているシャンプーでは、頭皮に刺激を与えることなく、頭皮を乾燥させにくい保湿効果もあります。

 

これは人の体がタンパク質でできていることと関係があります。タンパク質はアミノ酸からできています。頭皮に刺激がないことも理解できます。

 

アミノ酸洗浄成分は刺激がほとんどなく、髪に潤いを与え、頭皮に保湿効果もあります。

 

 

天然オイル成分〜オイル配合で髪を柔らかくする

髪に油分を与えると、しっとりとしなやかな髪に近づきます。剛毛でゴワゴワして広がってしまう髪も収まりがよくなります。

 

これはオイル成分がキューティクルの間に浸透することで髪をなめらかにしてくれるからです。ほとんどの人が、使用後のに違いを感じることができるでしょう。

 

アルガンオイルコやコナッツオイルなどが配合されているシャンプーがおすすめです。

 

髪は、メデュラ・コルテックス・キューティクルの3層から構成されていますが、これらの間に、潤滑油の働きをしたCMCという成分が浸透しています。オイル成分はCMCを補う働きをしてくれます。

 

 

保湿成分配合で髪の水分バランスを整える

アミノ酸洗浄成分にも保湿効果はありますが、ヒアルロン酸やシルクなど保湿成分を配合したシャンプーでは、更に保湿効果が高まります。

 

髪は乾燥することでダメージを負うのでゴワゴワしてしまいます。髪の内部は水分と油分のバランスが崩れると、コルテックスがスカスカになってしまい、コシもなくなりパサパサ、ゴワゴワとしてしまいます。

 

油分を補給するとともに水分も補給してバランスを保つことが大切です。

 

 

セラミド成分配合〜髪のうねりを抑える

 

セラミドは、水分と油分を髪の内部に閉じ込めてくれる働きがあります。せっかく保湿効果のある成分やオイル成分を配合してあるシャンプーを使っても、髪の内部にとどまらなければ意味がありませんよね。

 

 

しっとり、しなやかになった状態をキープしてくれる働きをします。

 

 

まとめ

厳選して3種類のシャンプーを紹介しましたが、どれを選んだらいいのか迷ったら「守り髪」をお使いください。

 

剛毛の髪をしっとりと柔らかく仕上げてくれる「ナノリペアCMC成分」を配合しているので、1本目を使い終わるころには剛毛のあなたにも違いを感じることができるでしょう。

 

もしあなたに合わなくても30日間なら全額現金してもらえるので安心して試すことができますしね。

 

また、初めから定期コースで申し込むと半額になり、送料も無料になるので、かなりお得です。定期コースは、回数に縛りがなく1回目から解約することができます。これもポイントが高いです。

 

あなたは、何のデメリットもなく「守り髪」を試しすことができます。これらの特典は公式サイトだけのものなので注意してください。

 

美容室でも使われている「守り髪」が、あなたの剛毛を改善してくれます。

 

 

>>守り髪の詳細を公式サイトでチェックする